Loading...Loading...

Blog見出し

side-event

一龍斎貞花さんの講談「榊原亀三郎」の口演が、11月15日(土)に開催、430名がご来場。次回の関連イベントは決定次第、同欄にてお知らせいたします。

side-kengaku

榊原弱者救済所跡保存会
愛知県半田市稲荷町2-42
鴉根区民館内 
☎0569-27-7191
上記に不在の時は、下記にお願いします。
☎0569-27-6306(田中)
☎0569-27-6233(前田)

公園までのアクセス
E-mailでのお問い合わせは

side-book

いばりんぼうのカメ
幸せの風を求めて

side-event はんだ郷土史研究会
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

9月21日、静岡県浜松市西区保護司会のご一行、43名が榊原弱者救済所跡を視察に来られた。朝からのあいにくの雨は次第に小雨に、ご一行が到着する10時には傘もいらない程度の霧雨になった。

浜松は言わずと知れた金原明善翁の郷。榊原亀三郎は明治20年代に何度も浜松に行き、明善翁と運命の出会いがあり、弱者救済事業に目覚めたのである。言わば亀三郎精神の故郷ともいえる浜松である。また後年には、救済所で保護され、社会復帰してゆく人々のかなりの人数が浜松に行っている。

ここ鴉根と浜松とは深い繋がりがあるのだ。

救済所跡の視察の後、鴉根区民館に移動。小一時間、西まさるが「亀三郎と救済事業、そして浜松との関わり」を話した。

全国からこうして亀三郎を視察に来られる。ありがたいことだ。

会場、浜松保護司会のみなさん。

半田保護司会の村松副会長、竹内孝江副会長太田前会長。半田更生保護女性会から菊岡顧問が遠来の客をお出迎え。親睦をはかった。(写真奥の一列)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


Copyright All rights reserved. Sakakibara jyakusya kyusaijyo hozonkai.