Loading...Loading...

Blog見出し

side-event

一龍斎貞花さんの講談「榊原亀三郎」の口演が、11月15日(土)に開催、430名がご来場。次回の関連イベントは決定次第、同欄にてお知らせいたします。

side-kengaku

榊原弱者救済所跡保存会
愛知県半田市稲荷町2-42
鴉根区民館内 
☎0569-27-7191
上記に不在の時は、下記にお願いします。
☎0569-27-6306(田中)
☎0569-27-6233(前田)

公園までのアクセス
E-mailでのお問い合わせは

side-book

いばりんぼうのカメ
幸せの風を求めて

side-event はんだ郷土史研究会
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

9月21日の浜松保護司会・更女さんに続いて、27日は名古屋市城西学区民生委員さん。10月2日は名古屋市天白区更生保護女性会のみなさんが救済所跡を見学に来られた。

特に最近は各地の更生保護女性会や民生委員会・児童委員会のご視察が多い。これは亀三郎が孤児や不幸な女性たちを多く救済していた考え方が以心伝心に伝わっている結果だと思っている。

救済所跡の見学で27日とわずか5日後の10月2日で現地の様子が一変していた。

彼岸花も赤く美しく咲く救済所跡。

ところが大型台風到来。花は枯れ、竹もご覧のように根から曲がり赤茶けている。

「祈念碑」に被害がなかったことが不幸中の幸いか。

写真の右端に少しだけ見える小屋には小さな棚があり、救済所関係のチラシやポスターが置いてあるのだが、棚が転倒、書類らはパー、である。

この日の見学は天白区の更生保護女性会のみなさま。汚れた公園ですみません。

 

各地のみなさん。どうぞおいでください。歓迎します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

 

Copyright All rights reserved. Sakakibara jyakusya kyusaijyo hozonkai.