Loading...Loading...

Blog見出し

side-event

平成31年1月20日(日)アイプラザ半田・講堂にて、「榊原亀三郎の偉業と榊原弱者救済所の存在を広める会」を開催。一龍斎貞花・講談「榊原亀三郎物語」ほか、イベント多数。また、知多酒で乾杯する祝賀懇親会も同日に開催。どなたでもお気軽にご参加いただけます。詳しくはパンフレットを。

side-kengaku

榊原弱者救済所跡保存会
愛知県半田市稲荷町2-42
鴉根区民館内 
☎0569-27-7191
上記に不在の時は、下記にお願いします。
☎0569-27-6306(田中)
☎0569-27-6233(前田)

公園までのアクセス
E-mailでのお問い合わせは

side-book

いばりんぼうのカメ
幸せの風を求めて

side-event はんだ郷土史研究会
2021年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コロナ禍の影響で、一年以上延期されていた「鴉根山の狐の像」を設置しました。まだ工事中ですが、こんな様子です。

さて、この狐の紹介です。

明治後期のこと、狐の親子が鴉根山に棲んでいました。ある日、猟に来た亀三郎とばったり、狐は亀三郎に鉄砲で足を撃たれてしまいます。

翌日、足が不自由になった狐が子狐を連れて救済所の近くに来ました。それを見た亀三郎は「人助けに人生を懸けている俺が親子の狐を撃つなんて、なんと軽薄なことを」と、心から後悔、この日を境に猟ををきっぱりと止め、鉄砲を伏見稲荷に献納。そして稲荷のお札を貰い、ここ鴉根に稲荷神社を建立したのです。

亀三郎は狐の親子には棲み処の穴ぐらを提供、狐の親子はこれより長く鴉根の丘で暮らします。狐たちは救済所のシンボルとなり、救済所の人々と仲良く暮らしました。

この狐を祀った稲荷神社は毎年、地元民も一緒にお祭りも行い、それは昭和50年近くまで続いていました。

そうそう、新美南吉も昭和12年の冬にはここ鴉根に住んでいます。当然、鴉根の狐の伝説も知っていて、親友の童謡作家・巽聖歌にそれを話していました。南吉亡き後、巽は半田の岩滑とここ鴉根も訪ねて「これが南吉の言っていた稲荷社なのだ」と書いています。南吉童話の「狐」のモチーフは鴉根山の狐なのです。

さて、その狐の像はようやく設置。この4月24日(土)に関係者を招き、除幕式を挙行します。詳しくは追ってお知らせします。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation


Copyright All rights reserved. Sakakibara jyakusya kyusaijyo hozonkai.