Loading...Loading...

Blog見出し

side-event

平成31年1月20日(日)アイプラザ半田・講堂にて、「榊原亀三郎の偉業と榊原弱者救済所の存在を広める会」を開催。一龍斎貞花・講談「榊原亀三郎物語」ほか、イベント多数。また、知多酒で乾杯する祝賀懇親会も同日に開催。どなたでもお気軽にご参加いただけます。詳しくはパンフレットを。

side-kengaku

榊原弱者救済所跡保存会
愛知県半田市稲荷町2-42
鴉根区民館内 
☎0569-27-7191
上記に不在の時は、下記にお願いします。
☎0569-27-6306(田中)
☎0569-27-6233(前田)

公園までのアクセス
E-mailでのお問い合わせは

side-book

いばりんぼうのカメ
幸せの風を求めて

side-event はんだ郷土史研究会
2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

令和3年10月26日、晴天の榊原弱者救済所跡・史跡公園に久しぶりに賑わいが戻っていた。刈谷市更生保護女性会の一行34名の視察である。

救済所跡への視察は平成26年の開園以来、公式なものだけで約40団体、計9百名ほどが来園している。それも長野、静岡、滋賀、福井など遠方の保護司会、民生委員会が多い。ところがコロナ禍。視察は完全に止まり、令和元年(2019)12月1日に東京都の調布狛江地区保護司会の一行が来所されたのが最後だった。

そして1年11ケ月ぶりのこの日である。コロナが下火になったとはいえ、視察もまだこわごわの状態。刈谷市更生保護女性会は180名の構成だが参加者は2割程度に抑え、さらには40人乗りの大型バスなのに17名しか乗せず、午前、午後の二本立てにする念のいれようだった。

久々の視察受け入れに保存会も全力の取り組み。当会新美会長はもちろん、半田保護区保護司会は藤條会長が、半田市更生保護女性会は加藤会長が先頭に立っての対応だった。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation

 

Copyright All rights reserved. Sakakibara jyakusya kyusaijyo hozonkai.