Loading...Loading...

Blog見出し

side-event

平成31年1月20日(日)アイプラザ半田・講堂にて、「榊原亀三郎の偉業と榊原弱者救済所の存在を広める会」を開催。一龍斎貞花・講談「榊原亀三郎物語」ほか、イベント多数。また、知多酒で乾杯する祝賀懇親会も同日に開催。どなたでもお気軽にご参加いただけます。詳しくはパンフレットを。

side-kengaku

榊原弱者救済所跡保存会
愛知県半田市稲荷町2-42
鴉根区民館内 
☎0569-27-7191
上記に不在の時は、下記にお願いします。
☎0569-27-6306(田中)
☎0569-27-6233(前田)

公園までのアクセス
E-mailでのお問い合わせは

side-book

いばりんぼうのカメ
幸せの風を求めて

side-event はんだ郷土史研究会
2019年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

10月4日尾東保護司会19名が榊原弱者救済所跡を視察に来られた。

「尾東」とは一宮市、岩倉市、瀬戸市など尾張地方の名古屋市以外を統轄する保護司会である。知多半島も常滑市、大府市、東海市などがこの括りに入る。ちなみに半田市は阿久比町などと半田保護区として「尾東」には入っていない。現代感覚ではちょっと違和感があるこの線引きだが、保護司制度が出来た頃(亀三郎が鴉根にいた頃)、半田は尾張でなく三河の範疇とされていたからだろう。

さて、一行の視察は愛厚の里を視察の後、史跡公園に。新美勝会長が出迎え、挨拶。救済所跡を見学し、鴉根区民館に移動。西まさるの小講演、といういつもの流れである。

こうして少しずつ、榊原弱者救済所跡保存事業が広がるといい。

㊤新美会長の挨拶

㊦史跡公園の現地説明風景

㊦鴉根区民館で西が「亀三郎の偉業と保存事業」を説明

 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation

 

Copyright All rights reserved. Sakakibara jyakusya kyusaijyo hozonkai.